いびきは睡眠時に生じますが、自分では気付かないケースが数多く、反対に身寄りなどに災いをかけます。
その動画や程度はさまざまで、「睡眠時無息症候群:Sleep Apnea Syndrome(SAS)」のケースでは、傍らも本人も快眠のデキが悪くなってしまう。
しっかりとした睡眠が取れないと、昼うたた寝してしまうことになり、大トラブルの引き金になるなど、じっさいに社会問題にまで発展するケースもあるのです。
いびきケアは、関連によって実施します。
鼻づまりがみられるときには、耳鼻科的ケアを優先して、慢性副鼻腔炎や花粉症などを治します。
鼻づまりがないケースでは、睡眠時無息症候群ではないかどうか診療する。
ダイエット、寝酒を除ける、禁煙、寝具や寝身構えの捻りなど、日課を付け足します。
重症な閉塞性無息のケースでは、マウス太平療法、「CPAP:Continuous Positive Airway Pressure療法」、睡眠薬やお酒の服用ら、たまにいびきをかくことがあります。
いびきの原因が睡眠薬などの場合は、一時的なものですから、それ程大丈夫でしょう。
それよりも慢性的にいびきをかくことが問題で、いびきの裏側に病状が隠れるケースもあるのです。
場合によっては大テーマを引き起こす可能性もあるので、いびきが騒がしいという教示を受けたら病舎に行くべきです。
目下根本的にいびきを解消する薬はありません。
ただし、鼻づまりが原因のいびきの場合は、花粉症などを薬で治せばいびきが良くなることがあります。
はじめに鼻づまりがあるかどうかが大きなポイントです。
鼻づまりがなくとも普段からいびきをかいている場合には、睡眠時無息症候群を疑って診療してもらった方が良いかも知れません。
その関連に応じた適切なケアにより、スッキリってさせることが可能なのです。
いびきを改善するためには、先ず関連を知ることから始めます。
いびきをかくのは、気道が小さくなったことにより起こっているのです。
これは、太ったことや、階層に伴う上気通りの筋肉の弱化、扁桃や口蓋垂による気道の塞がりや、口息や睡眠薬や酒類が関係しているのです。
施術やダイエット、鼻息をしたりすることで変化を見ることが多いです。